施設住所

有機光エレクトロニクス
実用化開発センター

〒819-0388
福岡市西区九大新町5番地14

TEL: 092-805-1850
FAX: 092-805-1851

お問い合わせフォーム

実用化に向けたシームレスな実用化開発拠点

i3-OPERAとは

詳しい事業目的はこちら

 有機光エレクトロニクス実用化開発センター(i3-OPERA)は、公益財団法人福岡県産業・科学技術 振興財団(ふくおかIST)が、経済産業省の先端技術実証・評価設備整備費等補助金(「技術の橋渡 し拠点」整備事業)の採択を受け、国立大学法人九州大学、福岡県および福岡市の協力のもと、平成 25年4月19日に開所いたしました。運営については、ふくおかIST、公益財団法人九州先端科学技術 研究所(ISIT)および九州大学が、福岡県および福岡市の人的・財政的支援を受けながら行っている ところです。
 i3-OPERAの使命は、基礎研究を担う九州大学最先端有機光エレクトロニクス研究センター (OPERA)、応用研究を担うISITおよび多くの企業等との連携を通じて実用化開発研究を担い、最先 端の有機光エレクトロニクスシーズの実用化への「橋渡し」を行うことです。また、北部九州における有 機光エレクトロニクス産業の発展を目指し、有機光エレクトロニクス産業化研究会でのセミナー・交流会 の開催や地場企業の新規参入支援等も行っています。
 この使命は多くの皆様にもご賛同をいただき、i3-OPERAはこれまでに、国プロジェクトを含む国内外 の多数の企業、大学、公的研究機関との共同研究・受託研究の実績をあげてきました。また、平成28 年度には文部科学省地域イノベーション・エコシステム形成プログラムの採択を受け、九州大学ととも に事業化プロジェクトを開始しています。
 今後、有機ELをはじめとする有機光エレクトロニクスは、次世代の新しい光エレクトロニクス業界を牽 引する大きな産業としての展開が期待されています。その中で、i3-OPERAは共同研究・受託研究を通 じて蓄積したノウハウや知的財産権を活用し、国際的な研究開発拠点としての地位を確立していくこと を目標としています。i3-OPERAとの連携が、皆様の新たな事業展開への一助となれば幸いです。