施設住所

有機光エレクトロニクス
実用化開発センター

〒819-0388
福岡市西区九大新町5番地14

TEL: 092-805-1850
FAX: 092-805-1851

お問い合わせフォーム
menu

トピックス

平成30年度 公益財団法人福岡県産業・科学技術振興財団有機EL分野参入促進支援補助金の交付決定について

2018/11/28 | カテゴリー:お知らせ

平成30年度 公益財団法人福岡県産業・科学技術振興財団有機EL分野参入促進支援補助金について、8月3日付及び10月16日付で以下の4社に交付決定いたしましたので、お知らせいたします。

(1)株式会社幸和(福岡県粕屋郡宇美町若草2丁目14番8号)
   事業テーマ名:有機ELパネルに使用するフイルム状ICドライバー乾燥炉の開発
(2)キャリムエンジニアリング株式会社(福岡県北九州市門司区田野浦海岸9-2)
   事業テーマ名:日本製有機EL製造装置のクリーンルーム内保管用設備の導入
(3)エクセル有限会社(福岡県直方市上頓野2916-1)
   事業テーマ名:高速加工技術を用いた有機EL製造装置部材の短納期化
(4)株式会社Kyulux(福岡県福岡市西区九大新町4-1)
   事業テーマ名:熱活性化遅延蛍光(TADF)デバイスの劣化機構解析技術の構築

「CPA-T540S(株式会社チノー製サーモグラフィー)」の調達に係る一般競争入札は終了しました。

2018/11/22 | カテゴリー:お知らせ

「CPA-T540S(株式会社チノー製サーモグラフィー)」の調達に係る一般競争入札は、11月20日に開札が終了しました。

当センターの藤本研究室長の論文がAIP Advancesに掲載されました。

2018/09/05 | カテゴリー:お知らせ

当センターの藤本研究室長の論文がAIP Advancesに掲載されました。
こちらからご覧いただけます。

◎発表題目
Vacuum chamber considerations for improved organic light-emitting diode lifetime

◎発表の概要
 我々は有機ELデバイスの作成時間が長くなるに従い寿命が低下する現象に着目し、真空チャンバー内の不純物が寿命に与える影響を調査した。実験では、チャンバーの接触角とデバイス寿命に相関がみられたことから、不純物は寿命に大きな影響を与えることが分かった。チャンバー内に滞在させたSi基板上の不純物をLC-MSで分析することにより、デバイス作成時に装置由来の汚染が生じることを明らかにした。さらに装置内の洗浄実験により寿命への影響が公知である水分ではなく、装置由来の有機不純物が寿命に影響することを示した。そして、寿命に影響をおよぼすそれらの不純物が、過去に使用したデバイス材料や装置構成部材と推測される成分に由来することをLC-MS結果の解析により明らかにした。また、チャンバーをオゾン洗浄することで接触角を下げることができ、デバイス寿命を向上させることができた。

高真空差動型示差熱天秤の調達に係る一般競争入札は終了しました。

2018/05/14 | カテゴリー:お知らせ

高真空差動型示差熱天秤に係る一般競争入札は、5月8日に開札が終了しました。

入札結果記録表

平成30年度 公益財団法人福岡県産業・科学技術振興財団有機EL分野参入促進支援補助金の公募について

2018/05/01 | カテゴリー:お知らせ

平成30年度 公益財団法人福岡県産業・科学技術振興財団有機EL分野参入促進支援補助金について、以下の通り公募いたします。

※本補助金は福岡県の公益財団法人福岡県産業・科学技術振興財団に対する補助金の交付を前提とします。
※詳細は公募要領及び交付要綱(公募要領及び交付要綱はこちら)をお読みください。

1.事業の目的
 福岡県内に事業所を持ち、有機EL分野※への参入又は有機EL分野における事業拡大を目指す企業の製品開発、販路開拓等に対する補助を行うことによる福岡県における有機EL関連産業の振興を目的とします。
※有機ELを用いた製品、有機EL材料(周辺材料を含みます。)、有機EL製造装置、有機EL製造装置部品及び有機EL評価装置等の分野を指します。

2.応募対象者
 福岡県内に事業所を持つ企業。(応募時に福岡県内に事業所を持っていない企業であっても、補助対象期間内に事業所を持つ予定がある場合は応募可能とします。)

3.補助率、補助金の額の範囲、採択予定件数
(1)補助率
 補助対象経費の1/2以内。
(2)補助金の額の範囲
 1件につき100万円以上、500万円以下。
(3)採択予定件数
 2~4件程度。

4.スケジュール(予定)
平成30年5月1日    募集開始
     6月29日   募集終了
     7月中     審査結果通知
     8月上旬まで  交付申請
     8月中旬    交付決定(補助対象期間開始)
平成31年2月15日   補助対象期間終了
     2月28日まで 実績報告
     3月上旬    額の確定
     3月中旬まで  精算交付請求
     3月下旬    精算交付


5.問い合わせ先
 有機光エレクトロニクス部有機光エレクトロニクス実用化開発センター 渕上、因幡、廣瀬
 Email:t-fuchigami@ist.or.jp
    TEL:092-805-1850

6.公募要領、交付要綱
 こちらからダウンロードしてください。